インターンシップ成果報告会

シゴト

8月と9月にインターンシップで、マッチバコに遊びにきてくれた学生さんの成果報告会は1月22日(月)広島大学内のマーメイドカフェで行われました。

6か月という長いインターンシップでした。東広島市が主催の地域マイスターというインターンシップで5社の企業と5人の学生で、6月頃から定期的な研修会で勉強しながら、企業側も学生側も一緒に目標達成に向けて取り組んできました。

この地域マイスターでは、学生が企業のPRをする広報物を作成してくれます。

広報物の内容は企業それぞれで、本当にお互い悩みながら作成しました。

最初は、企業側も学生側もゴールさえ見えていなかった状態から、この成果報告会までこれたことに、すごい達成感を感じました。

今回の成果報告会は、インターンシップに参加した学生さんで準備されて、会を盛り上げてくれました。

成果報告会には、参加企業をはじめ、広島大学の学生や市の職員さんなど30~40人くらいで行われました。

 

当社へインターンシップに来てくれたのは、広島大学文学部3年生の岩崎はるかさんです。

すごく上手な発表をしてくれて、かっこいいな~と思って見ていました。

インターンシップに参加された学生さんが口をそろえて言われていたのが、このインターンシップを通して、積極的に行動できるようになった言われていました。

恐らく、こういう会だからそう言っているのではなく、心からそう感じているのだと思います。私たちから見ても、本当に成長されたな~と思います。成長されたという表現が少し上から目線に感じてしまいますが、本当に能力・意識が高く、そこらへんにいる社会人よりも、よっぽど立派で凄く上手にお話しされて、考え方もしっかりして、一生懸命人生を全うしているな~と思いました。

この成果報告会には、社会人と見学に来てくれた学生さんがグループとなり、グループディスカッションもあったのですが、インターンシップに参加された学生さんはもちろんのこと、見学に来られた学生さんも本当にしっかりしていて驚きました。

就活をするにあたり、優先順位が高いものは何かということに対して30分ディスカッションしました。グループによって異なりましたが、お金や環境、やりがいが一番優先順位が高いと答える学生さんが多かったです。

すごく意識の高い学生さんばかりだったのもありますが、やりがいを求める人が多いようです。

ディスカッションした内容をグループの代表が発表するのですが、またこれが、まとめるのがめちゃくちゃ上手です。メモの取り方も上手で、本当にいろいろ教えてもらいました。

私のインターンシップに対するイメージは、どちらかというとボランティアとか社会貢献とかという感じですが、全然そんなことなく、すごくいい勉強をさせてもらいました。

学生さんに本当に感謝です!

ありがとうございました!!

今から就活が始まる学生さんがほとんどでしたが、私は間違いなく彼らは志望する企業に入れるだろうと思いました。

今月のマッチバコ

2018 8月

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
  • 外出のため不在
11
12
13
  • 夏季休業
14
  • 夏季休業
15
  • 夏季休業
16
  • 夏季休業
17
  • 宿題やろうね会!
18
  • 宿題やろうね会!
19
20
21
22
23
  • アンガーマネジメント教室
24
25
26
27
  • アンガーマネジメント教室
28
29
30
31
  • 臨時休業